どんだのよ。

ぐぅたら女のぐぅたらな毎日。

昔、「一生遊んで暮らしたい」という本を読んだことがある気がする。
今は、一生遊んで暮らす気もない。
うちの庭にいたカエルのように、草刈の時に一緒に刈られて死んでしまうのもアリかもしれない。
私はもう人として生きる意味も価値もない。
私は弟に対して思っていたのだけど、多分私のほうが「失敗作」なんだろう。
多分あさっての試験も落ちると思う。
私は誰からも必要とされない人間なのだから。